メイン・コンテンツへジャンプ
Lions Clubs International Foundation Lions Clubs International Foundation
フッターへジャンプ

協力関係のパートナー

協力関係のパートナー

section

非営利パートナーとの協力関係を通じて、LCIFはそのリソースを活用して、LCIFだけで対応できるレベルよりはるかに大きな成果を達成しています。LCIFと協力関係にある主なパートナーは、次のとおりです。

アルコン・ロゴアルコン
アルコンは、ラテン・アメリカで視力ファースト事業に取り組んでいるライオンズに、水晶体超音波乳化吸引術用の低価格で高品質な消耗品を購入する機会を提供しています。アルコンはコロンビアで、白内障手術用の水晶体超音波乳化吸引設備の現物支給による寄付も行っています。

カーター・センター・ロゴカーター・センター
LCIFは、ラテン・アメリカとアフリカの河川盲目症(オンコセルカ症)予防のため、4,000万ドル(及び他の非営利資金550万ドル)をカーター・センターに供与してきました。今までのところ、およそ1億4,800万人分のメクチザン治療が提供されました。ラテン・アメリカにおける河川盲目症は近い将来に根絶できる見込みです。LCIFはまた、カーター・センターと協力して、アフリカの2つの国でトラコーマ撲滅活動も行っています。ファイザー製薬も、トラコーマ対策プログラムのために現物支給による寄付を行っています。

スペシャルオリンピックス・インターナショナル・ロゴスペシャルオリンピックス・インターナショナル
スペシャルオリンピックスのライオンズクラブ国際協会のオープニング・アイズ・プログラムは2001年に始まりました。当プログラムの開始以来、35万人以上の選手たちが視力検査を受け、11万人以上の選手たちに適切に処方された眼鏡が配布されました。LCIFは現在までに、スペシャルオリンピックスのオープニング・アイズ・プログラムに1,330万ドル以上を供与しており、更に5年間この提携を延長するために2013年に780万ドルの寄付を申し出しました。

世界保健機関(WHO)ロゴ世界保健機関(WHO)
LCIFは世界保健機関と協力し、回避可能な小児失明症の撲滅事業に取り組んでいます。LCIFは700万ドルを超える視力ファースト交付金を拠出しており、これによって世界中の国々に34のニーズ・ベースのライオンズ眼科医療センターが設立されました。これらのセンターでは特に、1億2,100万人の子供たちへの予防や治療、リハビリなどの眼科医療サービスの提供を目指しています。2011年に開始したこの事業の第2段階では、さらに16のセンターを支援しました。

企業、NGO、政府のパートナー

LCIFは、企業、NGO、政府のパートナーの惜しみない協力に心より感謝しています。これらのパートナーは、資金だけでなく、人道主義の精神と恵まれない人々の生活改善への貢献を共有しています。これらのパートナーのおかげで、LCIFは、プログラムを拡張し、新しいイニシアチブを確立し、人々への奉仕を拡大することができています。主なパートナーは、次のとおりです。

アンセム基金アンセム基金は、米国全土の地域社会の健康を促進する「ライオンズ・アンセム基金・健康ヒーロー」という取り組みを開始するために、250,000ドルという惜しみない交付金をLCIFに授与しました。このパートナーシップでは、ライオンによって主導される地域社会奉仕事業も援助されます。この事業では、アンセムの従業員は、米国の特定の都市で「奉仕デー」を通じて地元のさまざまな人道支援事業を支援します。このパートナーシップでは、ライオンズとその地域社会が健康、福祉、及び活動的な生活様式を促進することを支援する特定の通年援助金交付も援助されます。積極的な青少年育成から障害者の独立支援にいたるまで、地元の交付金は、健康促進を支援するプログラムに取り組んでいるライオンズクラブや地区に対してLCIFから授与されます。

ボシュロム小児眼科研究所ロゴボシュロム社
ボシュロム社は、小児白内障イニシアチブの開発でLCIFと提携しています。同プログラムの試験実施期間中にボシュロム社は、中国の子供たちのスクリーニング検査及び治療、小児白内障対策と小児失明の予防に役立つ研究プログラムに、LCIFに35万ドルを寄付しました。ボシュロム社は、同プログラムをもう一年継続するため、さらに35万ドルの提供を確約しています。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団ロゴビル&メリンダ・ゲイツ財団
アフリカ4カ国でのライオンズはしか試験プログラムを支援するために、ゲイツ財団はLCIFに40万ドルの助成金を交付しました。LCIFは、さらに30万ドルを追加提供しています。また、ライオンズは事業を管理し実施しています。試験プログラムの支援を行うことで、ライオンズははしかイニシアチブの世界的な取り組みに協力しています。この提携プログラムで、約4,100万人の子供たちが予防接種を受けることができました。

コンラッド・N・ヒルトン財団ロゴコンラッド・N・ヒルトン財団
ヒルトン財団は、「西アフリカに水を」イニシアチブの一部として、マリ及びニジェールのライオンズ保健教育活動に対して15万ドルを拠出しています。この5年間にわたる支援金は、ライオンズ会員が政府に働きかけ、保健教育の効果を向上しトラコーマ対策活動を強化させるために役立てられます。

エシロールエシロール
エシロールはライオンズと共同で、失明予防の必要性が大きく、未矯正の屈折異常(URE)への対策が行われていない地域の病院の特定を行っています。エシロールは、実費でレンズとラボ設備を供給し、新しい眼鏡の作り方についてライオンズのボランティアを訓練し、フレーム・ベンダーの確保を支援し、ライオンズ眼鏡リサイクル・センターからのリサイクル材料を購入する顧客を見つけます。

ファースト・レスポンス・チーム・オブ・アメリカ・ロゴファースト・レスポンス・チーム・オブ・アメリカ
7,500軒の住宅が破壊され、5万人が住むところを失ったミズーリ州ジョプリンの竜巻被害発生後、ライオンズは住宅再建のためにファースト・レスポンス・チーム・オブ・アメリカと提携し、45軒の住宅のがれき撤去を手伝いました。

JASDFWロゴダラス・フォートワース日米協会(JASDFW)
ダラス・フォートワース日米協会(JASDFW)は、地震と津波が発生してから仙台で行われている災害救援活動を支援するために、LCIFに10万ドルを寄付しました。この寄付は、仙台のライオンズクラブによる震災直後と中期、長期にわたる救援事業の支援に活用されています。

ジョンソン・エンド・ジョンソン・アジア太平洋地域ビジョン・ケアのロゴジョンソン・エンド・ジョンソン・ビジョン・ケア - アジア太平洋地域
ジョンソン・エンド・ジョンソンは2002年以来、アジア全土の1,700万人の子供たちにサイト・フォー・キッズ視力スクリーニング検査を実施するための資金援助として、200万ドルの寄付を行いました。サイト・フォー・キッズは、目の健康に関する意識向上、教育、小児の視力スクリーニング検査などに取り組んでいます。検査は、地元のライオンズ会員、ジョンソン・エンド・ジョンソンのスタッフ、地元の医療関係者によってコーディネートされます。

メルク社ロゴメルク社
メルク社は、ラテン・アメリカとアフリカの河川盲目症予防のため、およそ153万人分のメクチザン治療薬を寄付しました。

ノボ財団ロゴノボ財団
ノボ財団からの10万ドルの寄付によって、2013年までに米国の1つの学区全体にライオンズクエスト・プログラムが拡大されます。ライオンズクエストの拡大事業、LCIFの幼稚園から高校3年生までのライフ・スキル、青少年育成プログラムによって、さらに多くの生徒が社会性と情動の学習の価値の恩恵を受けることになります。この交付金は、クリントン・グローバル・イニシアチブを通じたLCIFの行動への取り組みを支援しています。

米州機構ロゴ米州機構、全米麻薬乱用取締委員会(CICAD)
2005年4月、LCIFとCICADは、ラテン・アメリカと西インド諸島でライオンズクエストのパイロット・プログラムを普及・宣伝するため、5年間協力することを定めた提携協定にサインしました。これまでの資金投入先はベリーズ、コロンビア、ペルー、パラグアイであり、ドミニカ共和国、エクアドル、メキシコ、カリブ諸島のいくつかの島国にも一時的な支援を行いました。CICADの資金援助は、一般に1国当り約10万ドルであり、3年間かけて支給されます。CICADは、2005年から2010年にかけて、この地域のライオンズクエスト・プログラムに約150万ドルを出資しました。

レクストンレクストン
レクストンは、ライオンズ低価格補聴器事業に割引サービスと補聴器の現物支給による寄付を行っています。

米国国際開発庁ロゴ米国国際開発庁(USAID)
USAIDはLCIFに対して、ブラジル、スリランカでライオンズが主導する職業訓練プログラムのために10万ドルを、南アフリカとマラウィでのライオンズクエストのために5万ドルを、また、南アフリカでライオンズが主導する青少年職業プログラム(国際青少年育成財団との提携事業)に15万ドルを提供しています。

米国国務省ロゴ米国国務省
米国国務省は、ボツワナ、ケニア、マラウイ、タンザニア、及びウガンダのライオンズクエスト・パイロット・プログラムを支援するために15万ドルを提供しました。700人以上の教師の研修に資金が使われ、3万人の生徒に当プログラムが実施されました。LCIFは以前、中央ヨーロッパと東ヨーロッパの6カ国でライオンズクエストを拡張するために100万ドルを超える資金提供を受けました。

VSP GlobalVSP Global® Eyes of Hope®
LCIFとライオンズクラブはVSP Global/Eyes of Hopeの全国的パートナーであり、VSP® Sight for Students®とVSP Mobile Eyes®のギフト券を配布して、援助を必要とする子供や成人に無料の目の検査を受ける機会を提供したり、処方に基づいて、VSP業者を介して眼鏡の提供を行ったりしています。このパートナーシップを通じて、米国のライオンズクラブと地域のパートナーは、米国の8都市に在住する援助を必要とする人々にVSPのギフト券が確実に届くようにして、視力の向上と目の健康が実現されるように支援しています。

section

トップへジャンプ