メイン・コンテンツへジャンプ
Lions Clubs International Foundation Lions Clubs International Foundation
フッターへジャンプ

四大交付金の糖尿病

四大交付金の糖尿病

section

四大交付金糖尿病プログラム

糖尿病スクリーニング検査

LCIFの四大交付金糖尿病プログラムを活用することで、ライオンズは糖尿病を予防し、公衆衛生上の問題として糖尿病の影響が拡散するのを防ぐために様々な取り組みを行うことができます。本プログラムは、ライオンズによる糖尿病教育・予防・治療などに関するプログラムの大規模な拡大・強化を支援するため、複数年にわたる交付金(ライオンズ単一地区は75,000ドル、複合地区は200,000ドルを上限とする)を提供するものです。

支援の対象となる一般的項目には、糖尿病啓発資料の印刷や翻訳、糖尿病患者向け自己管理コースの開発、糖尿病及び糖尿病性網膜症の検査機器、人材育成、地域社会の認識向上と促進などがあります。

LCIFでは世界中の四大糖尿病奉仕事業に150万ドル以上を提供してきました。 

*最新の*糖尿病交付金の交付基準と申請書をダウンロードしてください。

また、LCIFでは、視力ファースト・プログラムを通じて、糖尿病性網膜症プログラムも支援しています。

糖尿病に関する情報

糖尿病は、体内でインスリンが作られない、または適切に使用されない病気です。糖尿病は、重大な合併症を引き起こしたり、早死につながることもあります。世界保健機関(WHO)によると、現在、糖尿病の患者は世界中で3億4,600万人とされ、その数は着実に増え続けています。糖尿病患者数は、開発途上国で最も著しく増加すると予測されています。疾病対策予防センターによると、2011年、米国では2,580万人(人口の8.3%)が糖尿病にかかりました。

WHOによると、糖尿病は時間の経過とともに心臓、血管、眼、腎臓、神経に、次第に損傷を与えていく可能性があり、糖尿病患者の全体的な死亡リスクは糖尿病でない人の2倍以上です。教育、予防及び治療のプログラムは、こうした糖尿病患者を支援していくための重要な手段です。

section

トップへジャンプ