メイン・コンテンツへジャンプ
Lions Clubs International Foundation Lions Clubs International Foundation
フッターへジャンプ

災害関連の交付金

災害関連の交付金

section

自然災害が起きた時、ライオンズは真っ先に駆けつけて支援します。LCIFの災害関連の交付金を受けることで、ライオンズはより多くのことをできるようになります。ライオンズとLCIFは、ハリケーン、洪水、火事、その他の大きな自然災害の被災地に、直ちに援助の手を差し伸べます。災害援助活動の多様な段階に対応できるよう、LCIFは交付金の選択肢をさまざまに設けています。

災害準備交付金は、地域当局やその他の地域組織と提携して将来の災害援助活動を計画し、備えを固めたいと考えている地区を支援します。ライオンズの地区ガバナーは災害準備交付金の対象となる提案を行うことができ、交付金額の上限は1万ドルです。

緊急援助交付金は1万ドルを上限に、自然災害に見舞われた地区に提供されます。ライオンズの地区ガバナーが申請でき、食料、水、衣類、医薬品といった緊急ニーズを満たすために役立てられます。LCIFは通常、年間200万ドル近くの緊急援助交付金を提供しています。

地域復興援助交付金は、すでに他の組織が緊急ニーズに対応している場合に、ガレキ撤去・修繕等の短期的な取り組みを支援したいと考えている地区を援助します。ライオンズの地区ガバナーは地域復興援助交付金の対象となる事業案を提出することができ、交付金額の上限は2万ドルです。

大災害援助交付金は、相当大きな規模の災害が発生した場合に、長期的な復興事業のために交付されます。国際会長とLCIF理事長の裁量によって交付され、地区が申請することはできません。最近メキシコで起きた地震、2016年にイタリアで起きた地震、ハリケーン・ハービー(米国)など、国際的に多大な影響を及ぼす大災害に対して、多額の資金を提供するものです。

災害関連の交付金に関する資料:

section

トップへジャンプ