メイン・コンテンツへジャンプ
Lions Clubs International Foundation Lions Clubs International Foundation
フッターへジャンプ

FAQ

FAQ

section

どの交付金を申請すべきでしょうか?
ライオンズクラブ国際財団(LCIF)は、ライオンズが取り組むさまざまな分野の奉仕を支援するために各種の交付金を用意しています。各交付金別の基準を含めて、詳細は交付金比較表をご覧ください。

クラブはLCIF交付金を申請できますか?レオクラブは交付金を申請できますか?
ほとんどの交付金は、複数のクラブの関与および/または地区・複合地区による申請が必要です。まもなくレオクラブも、LCIFの交付金を役立てて独自の奉仕事業を企画・実施することができるようになります。

ライオンズの地区や複合地区はどのように交付金を申請するのですか?
LCIF交付金の申請に関する詳細は、まずLCIFに問い合わせた上で、他に質問があれば、各地区または複合地区のコーディネーターにお尋ねください。LCIFの電話番号は1-630-468-6769、Eメールアドレスはlcif@lionsclubs.orgです。申請書と補足情報はウェブサイトで入手できます。

交付金申請書はいつ提出すればよいですか?
申請書はいずれも、理事会/委員会による審査の90日前までに作成し、提出しなければなりません。交付金の申請期限についてはこちらをご覧ください。

LCIFは交付金申請にどのような条件を設けていますか?
対象となる事業は、重要な人道的ニーズを満たし、比較的多数の人々に奉仕し、費用効率が高く、地元で調達できる資金ではまかないきれないものであるべきです。また、予算には地元ライオンズの組織からの十分な資金が組み込まれ、ライオンズが取り組むライオンズの事業であることが明示されるとともに、地区キャビネットによって承認されていることも必要です。

LCIFは個人を支援(奨学金、個人的な医療費、その他)するための交付金を提供しますか?
LCIFは、地域社会全体の満たされていない人道的ニーズに対応する大規模な事業を支援します。これらの事業は地元のライオンズが主導するもので、彼らがニーズを見極め、行動計画を立て、実行に移します。LCIFでは、個人を支援する交付金プログラムは用意しておりません。こうした支援の要請は、地元のライオンズに対して行うことが適切です。彼らは多くの場合、各地域社会でこの種の要請に対応するプログラムを用意しています。地域内のクラブを探して問い合わせるには、「クラブ検索」をご利用ください。

LCIF交付金プログラムの資金はどのように調達されているのですか?
交付金の大半は、世界中のライオンズクラブと個々の会員からの寄付を資金源としています。LCIFではライオンズが収める会費は一切受け取っていません。他の財団、企業、政府、ライオンズ以外の人々からの寄付と、投資によって得られる利益も、財源の一部です。

LCIF交付金を受けているプログラムの監視はどのように行われますか?
技術顧問、外部の評価者、およびLCIFスタッフが、事業の開始前、実施中、完了後に綿密な監視と評価を行います。これには現地視察も含まれます。国際レベルと地域レベルのライオンズリーダーも、申請・監視・評価の全プロセスに関与します。

交付金に関する報告書はいつまでに、誰の責任で提出されますか?
LCIFが資金を提供した事業はいずれも、最終報告書の提出が義務付けられています。  報告書のフォームはLCIFが提供します。報告書は事業の完了時に提出すべきであり、事業の成果と交付金で支払ったすべての支出の明細を詳記する必要があります。交付金管理責任者には、事業が完了したら、LCIFが漏れのない報告書を適時に受け取れるようにする責任があります。すべての報告書(視力ファースト交付金を除く)は、LCIFへの提出に先立ち、地区キャビネット/複合地区協議会による確認と承認を受ける必要があります。これは視力ファースト交付金に関しては必要とされませんが、交付金管理責任者は地区キャビネット/複合地区協議会に、継続的に進捗状況を伝えていくことになります。

緊急援助交付金はどのような場合に提供されますか?
LCIF緊急援助金は、自然災害(洪水、竜巻、ハリケーン、山火事、モンスーン、台風、地震、津波など)が発生し、被災者または避難者が100人を超えた場合に、緊急ニーズを満たすために提供されます。交付金額の上限は1万ドルです。地区ガバナーは災害発生後30日以内に交付金を申請し、災害の詳しい情報をLCIFに提供する必要があります。ライオンズは、交付金をどのように使うかに関する行動計画をまとめなければなりません。受け取った交付金は、他の救援機関や救援組織に譲渡してはなりません。

すでに始まっている事業や完了した事業に対しても、ライオンズはマッチング交付金を申請できますか?
マッチング交付金プログラムは、企画(計画立案)段階にある事業を対象とするものです。LCIFが資金提供を求められる事業は、すでに開始されていてはなりません。これは、LCIF理事会が決定を下す前に、賃借、ローン、または手付金によって部分的に確保され、あるいは取得された設備についても当てはまります。また、LCIFでは払い戻しによる事業への資金提供は考慮しません。

マッチング交付金事業のための現地マッチング資金を、ライオンズはどれくらいの期間で集めればよいですか?
交付金が承認された場合、ライオンズは承認日から6カ月以内に、必要な現地マッチング資金の全額を確保しなければなりません。

災害が発生した場合、ライオンズは大災害援助交付金を申請できますか?
ライオンズはそのレベルを問わず、大災害援助交付金(MCAT)を申請することはできません。これらの交付金は、災害による損害が広範囲に及び、多くの人命が失われた場合に、ライオンズクラブ国際会長とLCIF理事長の裁量によってのみ交付されます。

section

トップへジャンプ