メイン・コンテンツへジャンプ
Lions Clubs International Foundation Lions Clubs International Foundation
フッターへジャンプ

ライオンズクエスト交付金

ライオンズクエスト交付金

section

ライオンズクエストは、子どもたちに有益なライフスキルを身に付けさせることを目的としたLCIFの社会性・情動学習(SEL)プログラムです。このプログラムは、未就園児から高校3年生までの子どもたちに、薬物や飲酒、いじめ、仲間からの圧力、対人関係能力、責任ある意思決定について教えます。過去30年間にわたり、ライオンズクエストの恩恵を受けた青少年は1,600万人を超えています。これまでに60万人以上の教育者が研修を受け、100カ国近くの国々でプログラムを行っています。

ライオンズクエスト交付金は、世界中の学校にライオンズクエストを導入し、拡大するために役立てられています。LCIFは、地区には上限2万5,000ドル、複合地区には上限10万ドルの交付金を提供できます。対象となる典型的な活動としては、教育者の研修、ワークショップの教材や資料の購入、プログラムの評価、研究などです。交付金はライオンズクエストの導入に充てられることもあれば、ライオンズクエスト・プログラムの拡大に充てられることもあります。

ライオンズクエスト交付金の申請は、1月・8月開催のライオンズクエスト諮問委員会会議が始まる90日前までに行われなければなりません。次回の申請期限はこちらをご確認ください。

注意:基準の改訂版と新たな交付金申請書がまもなく提供される予定です。

ライオンズクエスト交付金に関する資料

導入と拡大に向けた最近の交付金:

49-A地区(米国)- ライオンズクエストの導入を支援するため、ライオンズに10万ドルが提供されました。 「思春期への対応」が アラスカ州アンカレッジのすべての中学校で実施され、米国で最も多様性に富んだ地域の一つで約7,800人の生徒が恩恵を受けます。

地区未編成地域(インド)-インドの学校を対象とした性差別暴力と男女平等に関するカリキュラムの開発を支援するため、10万ドルが提供されました。2017年10月にはデリーでこの事業のパイロット試験が行われ、9つの学校の6年生が恩恵を受けました。

D-3地区(グアテマラ)- ライオンズクエストの実施に向けて、ライオンズに2万5,000ドルが提供されました。 「成長期への対応」 プログラムがグアテマラシティーの、最も援助を必要としている公立学校の一部で実施され、6,000人余りの生徒が恩恵を受けました。

section

トップへジャンプ