メイン・コンテンツへジャンプ
Lions Clubs International Foundation Lions Clubs International Foundation
フッターへジャンプ

視力ファースト交付金

視力ファースト交付金

section

視力ファースト交付金を役立てれば、子どもが初めて世界を見る手助けをし、徐々に視力を奪う眼病から一つの村を守り、糖尿病性眼病による失明を未然に防ぐことができます。この交付金の目的は、「失明の主原因と戦い、視覚障害者を援助するため、包括的な眼科医療システムを構築する」という視力ファーストの使命を実行に移すことです。その交付によって、医療の不十分な地域で病院や診療所が改善され、医師、看護師、その他の医療関係者が研修を受け、医薬品が配布され、眼病への認識が高められています。

何より優先されるのは、失明と視覚障害の主原因である白内障、トラコーマ、未矯正の屈折異常、糖尿病性眼病、および緑内障への対応です。

ライオンズの地区は、各地域の視力ファースト技術顧問と協力し、視力ファースト交付金の申請書と事業案を作成します。

視力ファースト交付金の申請は、1月・8月開催の視力ファースト諮問委員会会議が始まる90日前までに行われなければなりません。次回の申請期限はこちらをご確認ください。

視力ファースト交付金に関する資料:

最近の視力ファースト交付金:

  • ニジェール、地区403-A1 - ニジェールのライオンズとカーターセンターへの交付が承認された15万ドルは、トラコーマを公衆衛生問題として根絶しようとするニジェール保健省の取り組みを援助する事業に充てられます。ニジェールでは2016年9月から2017年5月までの期間に、カーターセンターとニジェールのライオンズの支援によって計7,270件の睫毛乱生症手術が行われました。今回の追加資金によって、2017年9月から2018年8月までの期間に11,000件の睫毛乱生症手術が行われます。
  • マリ、地区403-A1 - マリのライオンズとカーターセンターに対する10万ドルの交付金が承認され、トラコーマを公衆衛生問題として根絶しようとするマリ保健省の取り組みを援助する事業に充てられます。  マリでは2016年9月から2017年5月までの期間に、カーターセンターとマリのライオンズの支援によって計384件の睫毛乱生症手術が行われました。今回の追加資金によって、2017年9月から2018年8月までの期間に2,400件の睫毛乱生症手術が行われます。
  • エチオピア、地区411-A - エチオピアのライオンズとカーターセンターに対する225万ドルの交付金が承認され、アムハラ州でトラコーマを公衆衛生問題として根絶しようとするアムハラ衛生局の取り組みを援助する事業に充てられます。アムハラ州では2016年9月から2017年5月までの期間に、カーターセンターとエチオピアのライオンズの支援によって計76,269件の睫毛乱生症手術が行われました。今回の追加資金によって、2017年9月から2018年8月までの期間に、さらに133,991人の睫毛乱生症患者が手術を受け、1,760万回分のジスロマックス™とテトラサイクリン軟膏が配布されます。
  • エチオピア、地区411-A  - エチオピアのライオンズとカーターセンターに交付されることになった120万ドルは、エチオピアによる河川盲目症の根絶を援助する事業に充てられます。2016年9月から2017年5月までの期間に、カーターセンターとエチオピアのライオンズの支援によって12,065,963回分のメクチザン®が配布されました。今回の追加資金によって、2017年9月から2018年8月までの期間に、さらに18,421,949回分(毎年および半年ごとに投与)のメクチザン®の配布が可能になります。
  • エチオピア、地区411-A - 地区411-Aのライオンズに対する76,880ドルの交付金が承認されました。この交付金は、ライオンズ-カーターセンター視力ファースト・イニシアチブと連携してトラコーマと河川盲目症の根絶を目指し、地域の人々の動員・啓発・アドボカシー活動へのライオンズの参加を促進するために役立てられます。ライオンズはこの交付金によって、薬剤を集団配布する現地訪問に参加し、全国失明予防タスクフォースの会議に代表として出席できるようになります。
  • ウガンダ、地区411-B - 地区411-Bのライオンズへの交付が承認された71,696 ドルは、エリザベス女王即位60周年記念トラストによるトラコーマ根絶イニシアチブの14の拡大地区におけるアドボカシー・アイヘルス教育・監督活動に役立てられます。この交付金によって、5つの小地域の会議へのライオンズの参加が促進され、監督を目的とした15回の現地訪問が行われます。
  • リベリア、地区403-A2 - 地区403-A2のライオンズへの交付が承認された400,705ドルは、リベリアのマージビ、グランドバッサ、リバーセスにおける2年間の総合眼科医療事業に充てられます。この交付金によって、リベリアのブキャナンに二次レベルの眼科医療センターが設置され、計33人の眼科医療関係者が研修を受けることになります。この事業の受益者は50万人を超え、1,600件の白内障手術が行われると見込まれています。
  • ベトナム、地区未編成 - ベトナム国立眼科研究所に対する5万ドルの交付金が承認されました。この交付金は、ベトナム北部の医療の不十分な農村地域で低所得の患者に総合眼科検診と白内障手術を提供する事業に充てられます。交付金は5カ月間の移動アウトリーチ・キャンペーンに活用され、その間に最低でも568回の手術が行われることになります。
  • パプアニューギニア、地区201-Q2 - 地区201-Q2のライオンズとブライエン・ホールデン視力研究所に対する645,066ドルの交付金が承認されました。これは、パプアニューギニアのポートモレスビーにおける3年間の総合眼科医療事業に充てられます。この交付金によって、ライオンズ眼科医療全国情報センターに小児・弱視センターが設置され、また、ポートモレスビー中央病院の眼科診療所が改善されるほか、研修・アウトリーチ・アイヘルス教育に当たる弱視ワーキンググループが組織されます。
  • インド、地区322-F - 地区322-Fのライオンズに対する30万ドルの補足交付金が承認され、グレーター・ライオンズ・ララ・ヴィディヤ・サガール・オスワル眼科病院および眼科研修所の建設に充てられます。これは2014年8月にLCIFが承認した交付金SF1800/322-Fを補うもので、病院は2017年12月までに落成し、全面稼働することになっています。
  • インド、地区323-D1 - 地区323-D1のライオンズに対する133,338ドルの交付金が承認され、ラトナギリのディワリベン・モハンラル・メータ・ライオンズ眼科病院で3年間にわたり、白内障・糖尿病性網膜症・緑内障を含む総合眼科医療サービスを改善する事業に充てられます。 この交付金によって、二次レベルの眼科医療施設1つの改善、2つの視力センター設置、5つのセンターの設備修繕が行われます。
  • スリランカ、地区306-C2 - 地区306-C2に対する112,950ドルの交付金が承認され、ナワラピティヤ地区総合病院のライオンズ視力センターで3年間にわたり、白内障・緑内障・児童期の屈折異常・糖尿病性網膜症を含む総合眼科医療サービスを改善する事業に充てられます。この交付金によって、二次レベルの眼科医療施設1つが改善されます。
  • 米国フロリダ州、地区35N - 地区35N(フロリダ州)のライオンズとマイアミ・ライトハウス・フォー・ザ・ブラインドに対する19万ドルの交付金が承認され、屈折異常を矯正されていない学齢児童を対象に、3年間にわたり視力検査、散瞳検査、処方眼鏡を提供する事業に充てられます。この交付金によって、インフラが開発され、サービスが提供され、検査が行われることになります。
  • アルゼンチン、地区O-2 - 地区O-2のライオンズに対する170,200ドルの交付金が承認され、サン・ハビエル眼科センターで白内障・糖尿病性網膜症・緑内障治療を含む総合眼科医療サービスを提供する事業に充てられます。  この交付金を役立てて、アイヘルス教育キャンペーンが実施され、インフラと設備が改善されます。
  • 諸国、地区未編成 - アフリカおよび/または中東の三つの国が、糖尿病治療と糖尿病性網膜症治療へのアクセスに関する基礎調査を行うことで、これら二つの医療分科間の協力レベルを推定し、患者への経済的リスクを評価できるよう支援するため、10万ドルの交付金が承認されました。

視力ファーストリサーチ:

  • 国際失明予防機関 - 「ブータン全国代表フォローアップmRAAB(Rapid Assessment of Avoidable Blindness)調査」 US$49,844
  • ボーウェン大学教育病院 - 「資源の乏しい地域における屈折異常検査の焦点距離測定器を使った代替的方法」 US$20,656
  • オービス・インターナショナル - 「中国農村部の眼科医を対象とした白内障手術研修用の低コスト眼球模型の無作為化試験」 US$94,090
  • 国際失明予防機関 - 「糖尿病性網膜症および糖尿病管理システムの評価ツール(TADDS)、ボリビア」 US$15,900
  • ブライエン・ホールデン視力研究所 - 「カンボジアにおける子どもの眼鏡購入への意欲と障害」 US$99,957

これまでに承認された交付金に関する情報は、視力プログラム課(SightFirst@lionsclubs.org)までお問い合せください。

section

トップへジャンプ