メイン・コンテンツへジャンプ
Lions Clubs International Foundation Lions Clubs International Foundation
フッターへジャンプ

LCIFニュースレター

LCIFニュースレター

section

「暗闇との闘い」の継続

ライオンズの皆さまへ

ヘレン・ケラーが「盲人のために暗闇と闘う騎士」となるようライオンズに訴えて以降、ライオンズはこの活動に取り組んできました。ライオンズクラブ国際財団(LCIF)やそのパートナーと共に、ライオンズは視力回復や予防可能な失明との闘いに力を尽くしています。10月の世界視力デーに合わせて、ライオンズと LCIF の視力保護活動の成果を振り返ってみましょう。視力ファーストの活動開始以降、LCIF は1,287件、総額3億4260万ドルの交付金を支給してきました。視力ファーストイニシアチブは、世界中の100 カ国を超える国々で実施されています。視力ファーストにより、グアテマラでは河川盲目症が根絶され、白内障に苦しむ700万人余りが視力を取り戻し、3,000万を超える人々が視力を失わずにすみました。視力ファーストの際立つ成果に加えて、LCIF はあらゆる年齢層の人々の視力を守るために、さまざまなパートナーと連携しています。ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケアとの「サイト・フォー・キッズ」、スペシャルオリンピックスとの「オープニングアイズ」、世界保健機関との「小児失明根絶事業」がその一部です。

皆さんがご自分のクラブの奉仕事業を計画したり、ライオンズの奉仕の力を LCIF が高める方法について検討される際は、予防可能な失明との闘いを思い出してください。失明や視覚障害の80%が予防可能と推定されています。ライオンズは大きな成果を上げていますが、なお多くのすべきことが残されていることを忘れないでください。皆さんが「暗闇との闘い」に引き続き参加してくださることを期待します。

よろしくお願いいたします。

ライオンズクラブ国際財団理事長
ボブ・コーリュー 判事

LCIF を支援することで災害援助を

この数カ月、世界は幾つもの大きな自然災害に見舞われました。ライオンズの皆さまのご支援により、LCIFは被災地のライオンズと協力して、助けを最も必要としている被災者への救援を実施することが可能となっています。災害救援活動を支援するために、LCIF への寄付を検討していただくことには、次のような多くの理由があります。

  • 説明責任と透明性:LCIFは チャリティ・ナビゲーターから6年連続で4つ星評価を受けています。評価対象となった慈善団体のうち、わずか5%のみがこの最高評価を受けています。
  • 迅速な対応:災害発生時、LCIFは被災地のライオンズに速やかに連絡し、多くの場合、大災害援助交付金を48時間以内に交付します。
  • 表彰:LCIF災害援助向け寄付は、メルビン・ジョーンズ・フェローの対象となります。
  • 監督:LCIFは、交付されたすべての交付金が適切に使用され、報告されるように監督します。  
  • 専門性と影響力:LCIFには、災害発生後に長期的な支援を行うための豊富な経験があります。LCIFと世界中のライオンズが協力することで、さらに多くの成果を収めることができます。  

LCIFと共に世界を歩こう

LCIF はジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケアカンパニーとのパートナーシップによってサイト・フォー・キッズを実施しています。世界の至る場所で、皆さんが歩いたり、走ったり、自転車に乗ることによって、サイト・フォー・キッズのための資金を調達することができます。スマートフォンにチャリティ・マイルズアプリをダウンロードし、「サイト・フォー・キッズ」を選択したら、あとは歩くだけです!記録されたマイルごとに、LCIF が寄付を受け取ります。これほど簡単な支援方法がかつてあったでしょうか。チャリティ・マイルズによって、ライオンズは現時点で約1万5,000ドルを調達しました。この金額は、自転車での約15万マイル、徒歩やランニングでの約6万マイルに相当します。ライオンズの皆さん、今後もこの調子で!

ダウンロードチャリティ・マイルズ

糖尿病性網膜症と世界糖尿病デー

目の健康維持と失明予防へのライオンズの取り組みの一例が、糖尿病性網膜症のリスク低減に向けた活動です。11月14日(火曜日)は世界糖尿病デーです。ライオンズは LCIFと共に糖尿病に対する意識を高める啓発活動をそれぞれの地域で実施しています。LCIFの資金援助を受けた事業の一つが、フィジーにおける糖尿病性網膜症検査の受診率向上を目指す活動です。202-K地区のライオンズは視力ファーストと連携し、新しい検査設備の購入や複数の地域病院における糖尿病患者の受入能力向上に取り組んでいます。この事業では、緑内障、白内障、未矯正の屈折異常にも対応しています。

section

トップへジャンプ