メイン・コンテンツへジャンプ
Lions Clubs International Foundation Lions Clubs International Foundation
フッターへジャンプ

日本への援助

日本への援助

section

日本の大震災に援助の手を

ライオンズクラブ国際財団は、日本に対する援助活動のために2,100万ドル以上を拠出しました。これには、LCIFの交付金と世界中のライオンズからの献金が含まれています。

日本にはライオンズ会員が10万人以上いるので、3月11日の壊滅的な被害をもたらした地震と津波の後に始まった援助活動は速やかに進められました。津波によって特に大きな被害を受けた3つのライオンズクラブのストーリーは、こちらからオンラインでお読みいただけます。

LCIFの日本での援助活動

他の事業と並行して、LCIFは、仮設住宅に転居している被災者への備品や物資の支給、全身型放射線探知装置、眼科機器、X線撮影装置などの主な医療機器の病院への提供、経済復興事業の支援について、ライオンズを援助しました。

LCIFの他の援助活動交付金としては以下が挙げられます。

放射線レベルを下げるための高圧洗浄機2,000台を提供するために、100万ドルが提供されています。洗浄機はまず民間の建物、次に個人の住宅の表面を除去または洗浄するために使用され、20万人の人々の役に立つと見積もられています。

高齢者に食料を届けるライオンズ東北沿岸の3つの地域に台所用品と設備を支給するために120万ドルが提供され、日本の海鮮レストランや製造業を活気づけるのに役立てられます。地元の自治体は土地と建物を提供しました。

150万ドルが、障害のある被災者のための支援基金を設立して、ライオンズの統括運営センターを日本に設置するために提供され、長期的な救援ニーズに重点が置かれます。

南三陸に2か所のコイン・ランドリーの建設支援に397,403ドルが提供されています。これは、被害が大きかった地域の多くの人々が、衣類の洗濯機や乾燥機を使用できなかったからです、ライオンズは政府と共同で土地の提供も行いました。ライオンズの例会を再開できるよう、各敷地には地域の会合所が含まれていました。3,000人の人々がこれらの施設を利用すると見込まれています。

通信連絡や告知の手段がなかった仮設住宅に緊急無線装置を支給するために、311,688ドルが提供されています。3,000台の装置はおよそ30,000人の人々のために役立てられました。

ライオンズは、被災者に必需品が入った個人別の袋を届ける団体であるタスキ・プロジェクトにも協力して、これらの袋の配送資金を援助しました。また、ライオンズは日本赤十字社とも協議し、深刻な血液不足に対応するための献血運動など、中長期的な共同援助対策を計画しました。

ご支援に感謝いたします

寄付者の皆様は、LCIFに託された資金が地域社会に活かされ、人々の生活を改善する事業のサポートに使われているという確信が得られます。LCIFには40年間にわたる災害救援の経験があり、すべての資金は各地域のライオンズによって管理されています。

「皆さまのご支援に、日本ライオンズを代表し心からお礼を申し上げます」と日本の元国際理事の不老安正氏が感謝の意を表明しました。ライオンズはLCIFと世界中のライオンズの迅速な対応に感謝しています。

この震災や世界中の災害援助のために、LCIFの災害救援基金にぜひご寄付ください。

section

トップへジャンプ