メイン・コンテンツへジャンプ
Lions Clubs International Foundation Lions Clubs International Foundation
フッターへジャンプ

人道奉仕活動

人道奉仕活動

section

人道奉仕はLCIFとライオンズの中核事業です。ライオンズとLCIFは連携して活動しており、ライオンズは最も緊急性の高いニーズを明らかにして、LCIFは、世界中の人々の生活を改善するための人道奉仕活動においてライオンズをサポートします。また、人道奉仕に効果的に取り組む上で、パートナーも重要な役割を担っています。

障害者の支援

LCIFとライオンズは障害者が独立し、より生産的で充実した生活ができるよう、その生活を支援しています。ライオンズはハビタット・フォー・ヒューマニティとの提携活動によって、障害者のための住居を1,000軒以上も建設しています。また、障害者の教育と就職に必要なトレーニングとサービスを提供するほか、日常生活での不自由を減らし、精神的な安定にも寄与しています。

現在の人道奉仕活動としては、オープニング・アイズプログラムやライオンズ低価格補聴器事業などが挙げられます。前者は、スペシャル・オリンピックスの選手がフィニッシュ・ラインをはっきり視認できるように支援する一方で、選手の生活の質を改善することを目的としており、後者は、補聴器の提供を通じて低所得の聴覚障害者の生活の質を改善することを目的としています。  

世界の健康問題への対応

LCIFでは、世界中の人々の健康を改善するためのプログラムの開発と実施も手掛けています。現在LCIFは、はしかの発症リスクがある人々に予防接種を実施するための強力なパートナーシップを通じてはしか撲滅活動に取り組んでいます。

LCIFは、もう1つの世界的健康リスクである糖尿病に対処するためのライオンズの活動もサポートしています。現在の糖尿病患者数は約3億4,700万ですが、世界保健機関によると患者数はさらに増加すると予測されています。LCIFの四大交付金糖尿病プログラムを通じて、糖尿病の教育・予防・治療に関するプログラムをサポートするための大規模なライオンズの活動に対して複数年にわたる交付金が承認されます。LCIFは、トルコ、フランス、ベナン、韓国、米国などの多くの国でライオンズの糖尿病関連事業をサポートしています。

section

トップへジャンプ