メイン・コンテンツへジャンプ
Lions Clubs International Foundation Lions Clubs International Foundation
フッターへジャンプ

はしかとは?はしか(病気)と解決策

はしかとは?はしか(病気)と解決策

section

はしか(病気)

はしかの予防接種を受ける父親と娘

毎年、悲劇は、何千もの家族を前触れもなく襲います。ニュースにも地方新聞にも掲載されることがなくても、はしかによって毎日380人、毎年13万9,300人の子供たちの生命が奪われています。生命は失わずにすんだとしても、その約3割の子供たちは、失明、聴力損失、脳障害、肺炎、ビタミンA不足、脳炎などの合併症に苦しみます。

はしかは、非常に感染しやすいウイルス性の病気で、感染者とじかに接触することで感染します。乗客100名の乗ったバスにはしか感染者が1名でもいた場合、他の乗客99名が予防接種を受けていないとしたら、そのうちの90名が感染します。 

開発途上国では、子供たちを病気から守る予防接種医療サービスがあっても親たちが利用しないため、はしかは今も公衆衛生上の深刻な問題です。貧困、不十分な医療制度、情報不足などの要因によって、多くの家族にとって予防医療を受けることが困難になっています。

解決策

はしかの予防接種を受けるマダガスカルの子供

はしかイニシアチブでは、集団予防接種キャンペーンを重視し、全国規模で実施する最善の策として、短期間に特定の年齢層の子供たちすべてを対象に予防接種が行われます。キャンペーンは通常は全国規模ですが、複数の段階で実施されることもあります平均すると、はしかイニシアチブ・キャンペーンには、対象とする子供たちの9割以上が大勢参加します。キャンペーンの計画と実施は、はしかイニシアチブ・パートナーの技術的及び財政的支援を得ながら、各国の保健省が担当します。 

2002年現在、はしかはアメリカ大陸で撲滅されました。さらに、はしかイニシアチブ活動は継続的支援を続けることで、2020年までにアフリカではしかを撲滅します。今年、はしかイニシアチブは、31か国で行われる予防接種キャンペーンの調整を行います。

はしかイニシアチブは、地域の医療従事者の訓練、保管ワクチンの増量、安全な注射方法の促進、新たなはしか感染を検知する監視システムの導入などを通じて、参加国の医療システムの強化も支援しました。 

また、ワクチン、医療品など、他の病気を対象とする介入や殺虫処理済みの蚊帳の配布も定期的にはしかキャンペーンに組み込まれます。

section

トップへジャンプ