メイン・コンテンツへジャンプ
Lions Clubs International Foundation Lions Clubs International Foundation
フッターへジャンプ

目の健康教育

目の健康教育

section

問題と影響

近年、失明者は世界的に減少していますが、糖尿病、緑内障、未矯正の屈折異常、加齢による黄斑変性症などに起因する失明は増加しています。これらの病気は先進国では数百万人の視覚を脅かすリスクとなっています。また、これらの病気は治療可能で、場合によっては予防もできますが、手遅れになる前に治療する必要があります。十分な教育と啓発を行わなければ、数百万人が治療の必要な病気に気づかなかったり、適切な対処方法を知らないまま過ごすことになります。文化に適した、わかりやすい目の健康教育プログラムを広めることが世界中で求められています。

背景

1991年と2008年に、米国国立眼病研究所(NEI)では視力ファーストの交付金を受けて、米国市民の目の健康と病気に対する知識、考え方及び習慣に関する調査を実施しました。1991年の調査結果を受けて、NEIは、研究結果を反映させた公教育イニシアチブである米国アイ・ヘルス教育プログラム(NEHEP)を開始しました。また、この調査を契機にライオンズ・アイ・ヘルス・プログラム(LEHP)も確立されました。 

LEHPは地域社会に根差した目の健康教育プログラムとして、ライオンズクラブ、地域の組織及び個人が目の健康を促進し、予防可能な失明の原因に対する意識を向上させるために利用されています。LEHPの使命は、緑内障や糖尿病性眼疾患の早期発見/治療、リスクの高いグループの瞳孔拡大検査の推進、視覚障害者及びその周囲の人々の病気に対する教育を通して、地域社会全体で積極的な視力障害の予防を支援することです。

交付金優先事業

視力ファーストでは、目の健康教育プログラムを全国レベルで展開し、健康に関するメッセージを市民に浸透させることで、リスクの高いグループが眼科医療サービスを利用するよう働きかけています。また、目の健康教育に関するリソースを提供して、他の事業も強化しています。

所得が中・高レベルの国の優先事業: 全国レベルの目の健康教育イニシアチブによる十分な眼科医療サービスの提供(LEHPオーストラリアなどの既存のライオンズプログラムを手本として忠実に倣う必要があります)。

所得が低レベルの国の優先事業:文化に適した正しい目の健康教育を視力ファーストの事業に取り入れた包括的な眼科医療システムの開発支援。

視力ファーストの事業では通常、全国レベルまたは広域レベルで失明の主要原因に取り組む必要があります。これらの事業の対象となるのは、眼科医療サービスを十分に受けられない人々や全く受けられない人々です。このプログラムでは、十分なサービスを受けられない地域において、眼科医療サービスを提供し、インフラを開発し、職員をトレーニングし、リハビリテーションを提供する、質の高い持続可能な事業に資金を提供します。

section

視力ファースト交付金申請、病気別アンケート、長期ポリシー・ペーパーなどの詳細情報を参照してください。
トップへジャンプ