メイン・コンテンツへジャンプ
Lions Clubs International Foundation Lions Clubs International Foundation
フッターへジャンプ

オープニングアイズ

オープニングアイズ

section

調査によれば、スペシャル・オリンピックス選手の68パーセントが3年間に一度も目の検査を受けておらず、37パーセントが眼鏡を必要とし、18パーセントが臨床的に正しくない眼鏡を付けています。眼科医療の分野では、障害者の大半が適切な治療を受けることができません。障害者にとって、それぞれのニーズに合った高品質の医療サービスは必要なものであり、提供されて当然のものでもあります。

そのため、2001年よりLCIFはスペシャル・オリンピックスと提携し、世界中で開催されるスペシャル・オリンピックスのスポーツ・イベントで無料の視力検査を実施しています。また、選手には眼科の診断サービスと視力矯正・保護のための眼鏡を提供し、目のケアについて指導しています。

スペシャル・オリンピックスとライオンズクラブ国際オープニング・アイズ・プログラムのコラボレーションを成功に導いたのは、数千人に及ぶライオンズのボランティア、医師、視力専門家、そして教育者たちです。これまでに35万人を超える選手たちがスクリーニングを受け、11万人の選手たちに適切に処方された眼鏡が配布されました。これまでに2万人以上のボランティア眼科医療専門家がこのプログラムに参加しました。また、世界中の2万人以上のライオンズ・ボランティアが、70か国以上で実施されているこの真のチーム活動に時間と能力を注いできました。

オープニング・アイズ・プログラムは、LCIFの四大交付金から資金提供を受けています。当プログラムの開始以来、LCIFは1,330万ドルを超える援助交付金を承認しました。

ドイツのハンブルグで開催された第96回ライオンズクラブ国際大会で、LCIFはライオンズのパートナーシップと機会の拡大を発表しました。詳細については、こちらをご覧ください。

オープニング・アイズの詳細については、スペシャル・オリンピックスのウェブサイトを参照してください。

section

トップへジャンプ