メイン・コンテンツへジャンプ
Lions Clubs International Foundation Lions Clubs International Foundation
フッターへジャンプ

視力ファースト中国行動計画

視力ファースト中国行動計画

section

白内障患者を支える看護士世界の白内障による失明者の20%以上が中国で暮らす人々で、その数は毎年40万人増えていると推定されています。中国で白内障患者が増加し続けている原因の1つは、中国の行政単位である県や郷の大半の病院には眼科がなく、十分な訓練を受けた人材や器具が不足していることです。

このような大きなニーズに対応するため、LCIFは中国保健省と中国身体障害者連合会との提携により、視力ファースト中国行動計画(SFCA)事業を推進しています。SFCAは交付金提供のパイロットを経て、1999年、全国展開の活動を正式に開始しました。それ以来、SFCEはこの世界で最も人口の多い国である中国における失明予防に取り組んできました。2002年に完了したSFCAの第1段階では、1,538万ドルの援助交付金によって210万件の白内障手術が行われ、以前は手術設備のなかった104の郷に眼科手術ユニットを設立しました。

SFCAの第2段階では、最初のイニシアチブの成功を引き続き進めて、中国で大規模な失明予防対策を実施しました。視力ファースト交付金の1,550万ドルに対し、中国政府からは約2億ドルが拠出されました。第2段階の間に300万件近くの白内障手術が実施され、開発の遅れている200の郷、省、チベットの病院に2つ目の眼科医療ユニットを設置することで、眼科医療のインフラが強化されました。

第3段階は、2011年10月のライオンズ世界視力デーの期間中に開始されました。中国の深圳で行われたイベントで、中国身体障害者連合会と保健省との提携による新しいプログラムが発表され、弱視へのサービスを拡大し、2020年までに中国でトラコーマを撲滅するためのトラコーマ・プログラムを開始する予定です。またLCIFは、地域の研修プログラム・モデルを開発するために視力ファースト資金を提供しています。LCIFはまず、視力ファースト中国行動計画の継続と拡大のために267万ドルを提供しました。

中国初の国際ボランティア・サービス組織として、ライオンズクラブ国際財団がこの提携を通して視力ファースト・プログラムの中でも最高にして最大の成果を達成したことは大きな誇りです。

section

トップへジャンプ