メイン・コンテンツへジャンプ
Lions Clubs International Foundation Lions Clubs International Foundation
フッターへジャンプ

視力ファーストのFAQ

視力ファーストのFAQ

section

視力ファースト・プログラム

視力ファースト・プログラムとは何ですか?
ライオンズクラブ国際財団の視力ファースト・プログラムは、ライオンズ、非政府組織、政府機関などの活動に資金を提供し、予防や回復が可能な失明の主要原因の撲滅や失明者や視覚障害者へのサービスの提供を行う活動を支援しています。このことは、眼科医療システム、トレーニング、及びインフラ開発のサポートを通じて実現されます。

視力ファースト・プログラムによる世界の失明対策はどのようなものですか?
視力ファースト・プログラムでは、世界中の医療が不十分な地域における眼科医療システムの構築、失明と視力低下の防止、及び失明者と視覚障害者の支援を行っています。視力ファースト・プログラムはIAPBの主要メンバーです。IAPBは、回避可能な失明の主要原因撲滅と、回避可能な視覚障害の倍増防止に取り組んでいる組織の連合体です。1990年に開始して以来、視力ファーストは世界中で3,000万人以上の人々を支援しています。

どのような事業が視力ファーストによってサポートされますか?開発途上国の事業は資金提供を受けることができますか?
視力ファーストは、ライオンズとそのパートナーが予防や回復が可能な失明の主要原因の撲滅の取り組み、失明者や弱視者への医療サービスの提供を行う活動を支援します。このプログラムは、白内障、トラコーマ、河川盲目症、糖尿病性網膜症、及び未矯正の屈折異常に取り組む大規模な事業に焦点を当てています。視力ファーストは、視力ファーストの目的を直接サポートする研究事業にも資金を提供しており、白内障、トラコーマ、及び未矯正の屈折異常に関する医療サービスの向上を目指している事業を重視しています。個別の手術や眼鏡に対する要請は、地元のライオンズに委ねられます。

資金は、弱視、糖尿病性網膜症、未矯正の屈折異常に取り組んでいる事業や、教育/リハビリテーション事業を通じて先進国に提供されます。これらの条件とニーズは、開発途上国と先進国の両方で一般的とされるものです。視力ファーストの基準と申請書は、オンラインで公開されています。

LCIFは、個人への支援を対象とした援助交付金を提供していますか?(奨学金や個人の医療費など)
LCIFは、地域社会全体の未対応の人道的ニーズに対処するための大規模な事業を支援しています。これらの事業は、ニーズを特定し、行動計画を策定して、事業を実行する地元のライオンズが中心となって行います。LCIFは、個人の支援をサポートする援助交付金プログラムを用意していません。これらの要請は、より適切な対応窓口である地元のライオンズに委ねられます。地元のライオンズは多くの場合、その地域社会でこうした内容の要請をサポートするためのプログラムを用意しています。問い合わせ先の地域のクラブを探すには、「クラブ検索」を利用してください。

LCIF 視力ファースト交付金は誰が申請できますか?
ライオンズの地区(単一、準または複合)が地域の視力ファーストの技術顧問と複合地区の視力ファースト委員長及び委員会と協力し、地域の眼科医療のニーズを調査し、視力ファースト交付金の事業提案書を作成します。申請書には、技術顧問、地区/複合地区の視力ファースト委員長、及び地区ガバナー(または複合地区による申請の場合は協議会議長)による署名と認定が必要です。参考として、世界各地の技術顧問のリストをご覧いただけます。視力ファーストが支援する事業の種類については、視力ファーストのエグゼクティブ・サマリーを参照してください。

視力ファーストの事業と他の視力関連事業との違いは何ですか?
LCIFの視力ファースト交付金が支給される事業は、全国レベル、地域レベル、または世界レベルで失明の主要原因に集中して取り組む事業です。これらの事業は十分な眼科医療サービスを受けていない人々、または全くサービスを受けられない人々を対象としています。視力関係事業は、全国レベルや地域レベルのニーズではなく、地域社会のニーズを重点対象としています。これらの事業は(眼科診療所の装置の購入など)、LCIF一般援助交付金または国際援助交付金の支給対象となる場合があります。その他の視力関連事業には、視力ファーストの交付金優先事業以外の病気対策やプログラム(緑内障やアイバンクなど)または先進国のライオンズクラブが開発途上国で実施するプログラムが含まれます。

視力ファースト諮問委員会(SAC)のメンバーは誰ですか?
SACは、ライオンズのリーダーと世界的な失明防止の専門家で構成されています。この委員会は、LCIF視力ファースト交付金を受け取ることができる事業を審査及び承認して、視力ファースト・プログラムのポリシーを策定します。SACは、すべての活動をLCIF理事会に報告します。

SACの会議はいつ開かれていますか?
委員会は、1月と8月に開催されるライオンズクラブ国際財団執行委員会と連動して、年に2回会合を行います。具体的な日付については、視力プログラム課にお問い合わせください。援助金申請(書)の期限はこの会議の90日前までです。

section

トップへジャンプ